白髪染めの方法はいくつかありますが、それぞれ長短があります。まずはアレルギーなどによって使いたくても使えない場合があります。一部に集中して生える白髪も生える箇所によって非常にやっかいな場合があります。よく言われるのが生え際、それも特に額からもみあげにかけてのラインです。ここは人と顔を合わせた時に真正面であり、とても目立ちます。ですからいわゆる一般的な白髪染めを使い、額や顔に色が残らない方法で、なおかつラップなどで部分的に密着させてしっかりと染められればきれいに染まります。

しかし、いわゆる白髪染めを使うとかゆみや腫れが出るアレルギーの人はこれができません。そこで少々回数が必要ですが、カラーリンスを使って比較的安全に根元から染める方法があります。カラーリンスもやはりラップでクリーム状のリンスを髪と肌に密着させます。時間をしっかり守って数回続けます。

カラーリンスはヘアマニキュアのように皮膚も染まってしまうことが少なく、一部分を集中的に染めるための方法としてはよい方法です。ただ染まり方がゆるやかで即効性がないのが欠点です。なかなか染める薬剤と皮膚を密着させるのは皮膚への負担が大きく抵抗がありますが、一般的な白髪染めよりはアレルギーも出にくいようです。

もちろん一部に集中する白髪は生え際だけではありません。それらの一部集中した白髪にもこの方法は使えます。頻回にこまめに継続的にケアすることによってこの方法は効果を発揮するので、却って他の方法と併用することによっていつもきれいでいられるでしょう。自分に合った白髪染めを白髪染め市販ランキングなどで探してみると良いかもしれません。